#発達障がい療育ラジオ〝わむすび(WAMUSUBI)〟
知識のタカキ\こども専門の作業療法士
アプリでフォロー
レターを送る
どうも!作業療法士のタカキ ユウエイです! このチャンネルは〝知識のタカキ〟とイジられた作業療法士の僕が、その知識を皆さんに振る舞うチャンネルとなっています(笑) また、 「発達障がい療育ラジオ 〝わむすび(WAMUSUBI)〟」は 発達凸凹(発達障がい)の子どもの療育に携わる作業療法士の僕が療育の現場を話すラジオとなっています。 〝わむすび(WAMUSUBI)〟の意味は 支援の【輪(わ)】を【結(むす)ぶ】という意味から、〝支援の輪を広げる〟という意味合いやコンセプト・信念を持って生まれた言葉です。 そこから、〝輪結び(わむすび)〟で 〝わむすび(WAMUSUBI)〟です。 作業療法士はその人が「したいこと、する必要があること、することが期待されてること」をできるように支援しています。 作業療法士を軸にパラレルワーカー。 ✔︎こども発達支援カフェ〝わむすび(WAMUSUBI)〟について 支援の【輪(わ)】を【結(むす)ぶ】という意味から、〝支援の輪を広げる〟という意味。 こども支援の輪を結ぶ、発達障がいのこどもの発達支援を目的に運営しているオンラインサロンです。障がいの有無に限らず、こどもの発達支援も含めて、子育て支援の場としても運営しています。 noteで有益な記事を執筆活動中 https://note.com/yueitakaki MOSHでも活動中 https://mosh.jp/yueiot ▼作業療法って何? 作業を使って、その人の作業ができるように支援すること ▼作業って何? 作業〝Occupation〟は、その人にとって意味のある生活行為で「したいこと、する必要があること、することをご家族や周囲の人から期待されてること」を意味し支援しています。 発達に凸凹のある子どもたち ・自閉スペクトラム症 ・ADHD ・学習障がい ・発達性協調運動症 ・ダウン症 ・脳性麻痺など の支援に携わっています。
425
放送数
もっと見る
stand.fmであなたも番組を作れます
© 2022 stand.fm