00:00
-00:00
園原健弘さん(明治大学競走部監督)Mラジvol.53
2
園原健弘さん(明治大学競走部監督) バルセロナ五輪・50km競歩日本代表 競歩の選手でありながら箱根駅伝にも2度出場!! 世界陸上日本代表3回 長野県出身 飯田高校→明治大学→アシックス アトランタ五輪陸上チームコーチ 明治大学コーチを経て、2019年より明治大学競走部監督に就任 明治大学競走部 http://www.meiji-kyoso.com/ 日本陸上競技連盟公認コーチ 日本ランニング協会マスターインストラクター兼テクニカルディレクター ◯中学まで剣道部 ◯陸上を始めたきっかけ ◯高校では競歩と長距離の二刀流 ◯関東インカレは競歩で3連覇、箱根駅伝にも2度出場 ◯卒業後はアシックスで勤務しながら競技を続行 ◯世界との差を感じたバルセロナ五輪 ◯当時は4年に1回だった世界陸上に3度出場 ◯競技を通じて繋がった世界中の仲間 ◯アトランタ五輪では日本代表コーチ ◯母校・明治大学のコーチを経て、2019年より監督 ◯もしかしたら宗さんが監督だった!? ◯西弘美さん(現・スーパーバイザー)の魅力、お人柄 ◯科学的アプローチ、組織的な情報共有で競歩を強化 ◯競歩は体力よりも技術をベースにしてレースに挑む ◯汗の成分まで調査して、給水の取り方まで研究 ◯歩くというのは人間の一番身近な動作 ◯歩くときにここだけは意識していただきたポイント! ◯今後の目標 ◯学生アスリートの皆さんへのメッセージ #オリンピック #世界陸上 #日本代表 #箱根駅伝 #競歩 #ウォーキング #ランニング #コーチ #大学 #監督 #指導 #母校 #健康 #歩く
2020年6月1日
コメント(2)
M高史
electronicさん 勉強になりますよね!たしかに印象的でしたね!
2020年7月25日
イサキ
みぞおちから脚を動かす、というのは目からウロコでした。科学な競歩、去年の世界陸上の冷え冷えの給水が印象に残っています。
2020年6月3日
コメントは
無料アプリ
から投稿できます
おすすめの放送