レターを送る
00:00
-00:00
#36. インナーマッスルについてわかりやすく解説してみます
2
無料アプリでバックグラウンド再生
いつもありがとうございます。弘田雄士です。 本日はいただいたご質問に対してお答えをして、「インナーマッスルについて私が考えていること」をお話しています。 --------------------------------------- 筋肉そのものにインナー、アウターという概念はなく、浅層、深層という具合に深さによって筋群は定義されているのは確認しておきたい ・俗に言うインナーマッスルを鍛えたからといって、パフォーマンスが向上するわけではないです ・ケガがしにくくなるというのは、ある意味真実だと思う 大きな筋肉優位で動かす癖がつくと、肩でよくある引っ掛かり症状(インピンジメント)などが起きやすく、正常な関節の遊びがなくなってしまう 本来はどのスポーツでも、小さな筋肉群を強化するのも大事。特に野球で強調されちゃうのは仕方がない ただし野球選手にも大きく強い筋肉のちから発揮は大事。強化する角度だけ気をつけつつ、適切に筋力トレーニングをしてもらっている。 ・スキャプラープレーンについて →筋肉としてインナー、アウターというふうに鍛えるというよりも、 肩甲骨周りの動きを出しながら、バランス良く協力し合えるようにトレーニングするのが大切。 前鋸筋や僧帽筋下部線維といったところの働きが肩甲骨の上方回旋には大事なので、これらの筋群が働くような種目も多く取り入れたりしています。 肩の構造上の問題 可動性を重視して安定性が出づらい →ローテータカフを中心とした細かい筋肉も協働させる必要がある ---------------------------------------------------- こんな内容をお話しています。 弘田雄士SNSや情報発信のまとめは↓ココから https://www.handshakee.com/yuji163 #スポーツ #トレーニング #健康
2020年10月13日
このチャンネルの新着放送
アスリートスポーツトレーナーのここだけトレーニング&アスリート話
*2021.0805. SPP(stand.fm公式パートナー)承認! 千葉ロッテやラグビートップリーグなど歴任し20年。 トレーニング専門家のリアル情報を公開!トレーナーという仕事やトレーニング、ビジネスパーソンにも役立つ情報をわかりやすく伝えていきます。 ブログ:弘田雄士「be」 https://yuji163.com TwitterなどSNS情報: https://www.handshakee.com/yuji163 【再生回数ランキング】 1. #1. 音声配信始めました! 2. #307. 月刊TENGAで真面目に性のお話を 3. #118. ウォーミングアップの人数と列にこだわれ 4. #35. 知識や技術の前に「気ぃ遣える人」になろう 5. #308.大事な試合の前にSEXするか問題 【最新著書】 「最速で体が変わる尻筋トレ」青春出版社 2021.04 https://amzn.to/3ltsTWO 【noteコミュニティ】 「プロトレーナーの視てるもの」 https://note.com/yuji163/circle 【プロフィール】 弘田雄士 (ひろたゆうじ)/ コンディショニングコーチ 1976年4月5日/東京都出身 米国オハイオ州立トレド大学卒 【保有資格】 ・NSCA-CSCS(認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト) ・はり師/きゅう師 2003年より千葉ロッテマリーンズのコンディショニング・コーディネーター就任。ボビーバレンタイン監督からの信頼を得て、2005年同球団31年振りの日本一に貢献。 2014年よりラグビートップリーグチーム、近鉄ライナーズにてヘッドコンディショニングコーチとして活動。 2018年4月より社会人ラグビー清水建設江東ブルーシャークスのコンディショニングコーチを務めている。
無料アプリでこのチャンネルをフォロー
おすすめの放送
© 2021 stand.fm