00:00
-00:00
小伝馬町一の部町会 会長森伸雄さん2021/7/1
4
無料アプリでバックグラウンド再生
小伝馬町一の部町会会長 森武道具株式会社代表 森伸雄さん ⚫︎2021年7月1日に収録したインタビューを配信いたします。 東京ビエンナーレ2020-2021「Marginal わたしたちの声が聞こえる」プロジェクトは、小伝馬町にある十思スクエアの廊下と町会会議室(昔の教室)を使わせて頂き、実現いたしました。 この突拍子もない企画へのご協力を、小伝馬町一の部町会、森町会長にお願いに上がった時の感動を私は忘れられません。 森会長が私達に言って下さった「応援します!」の一言で、それまで動かなかった企画が実現に向け一気に加速しました。世知辛いこの社会で、数々の試練が降りかかる中、気風の良い森さんに出会えたことで、私達はどれほど勇気を与えられたことか知れません。 森さんは、小伝馬町で三代続く老舗、森武道具株式会社の代表取締役です。 私が展示をさせて頂いた十思スクエア(1928年築)は、1991年まで地域の子供達が通う小学校でしたが、森さんも、森さんのお母さまも十思小学校を卒業されたそうです。 森さんは少年時代にピカソのゲルニカを見て感動し、後に、実際のゲルニカを見にスペインまでいかれたそうです。また、イタリアで、レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」を見た時は、生きていて良かった!と心から思ったそうです。絵が好きな森さんと出会えたお陰で私のプロジェクトは実現できたのだと思ってます。 日本橋小伝馬町で育った生粋の江戸っ子、森さんは、どんな人生を辿ってこられたのでしょう。 少年時代のこと、森武道具店の歴史、お母さまのこと、美術や音楽との出会い、地域への想いなどを、森部道具株式会社でお聞きしました。 *プロジェクトの実現をしながら両親介護の日々で、配信が大幅に遅れてしまったことをお詫びいたします。
2021年8月28日
このチャンネルの新着放送
わたしたちの声が聞こえる
東京ビエンナーレ2020/2021 Social Dive に参加している高畑早苗&Creative Kids Club人形町のインタビューチャンネルです。 コロナ禍になり、先が見えない不安な日々ですよね〜。ラジオを聴いて下さった人達が、ちょっとだけ元気がでるといいな〜と願いながら、普段聞こえてこない人達の声をお届けします😊 ⭐️また、長らく私が制作の場としている人形町の歴史を、江戸初期まで遡り、この街で生きた女性たちの人生を辿りながら、街歩きなどを企画する予定です。 ⭐️皆さんの声もぜひ私たちに届けて下さい!こちらのURLをクリックするとアンケートがでてきます。 https://docs.google.com/forms/d/18t4ri36VLzfyfq48VFWhF-wh60sgLiUy9mdbcVSjHUA/viewform
無料アプリでこのチャンネルをフォロー
stand.fm
おすすめの放送
© 2022 stand.fm