00:00
-00:00
Twitterのインプレッションはどのくらいがいいの?SNS手当を出す企業に学ぶ
無料アプリでバックグラウンド再生
ファンとクリエイターの接点として定番のTwitterですが、投稿時にどれくらい見られればいいのか?と不安に思う人はいませんか? フォロワー数はあまり気にしなくてもいいと言われても、実際にはたくさんの人に見られたい、でも目安くらいは知りたい、そう思う人は少なくないのではないでしょうか。今日はそんなTwitter運用の参考になりそうな事例を見つけましたので、紹介します。 インプレッションやフォロワー数など、Twitter運用に応じて、手当を出す企業があるのです。 社員に月額で最大1.5万円の「Twitter手当」 https://bit.ly/3lwt5na オンデーズ インフルエンサー 採用優遇 https://bit.ly/3G7Dvl2 ジェイック人事のくつわさんさん https://bit.ly/3GcSlXH オンデーズではすでに2017年から実施しているということで、じつはSNS手当を出している企業は増えているのです。 フォロワー数1000人 10万インプレッション エンゲージメント率2%。 前述のジェイックでは、上記の基準を満たすとTwitter手当が出るそうです。他企業でも手当がアップするところもあるなど、いまは本当にいろいろな手当がありますね。 丁寧な投稿と、つながりを重視したSNS内活動をして、地道に投稿していくと、前述の基準はクリアできる人も多いと、さきの企業の人事担当の人はいっています。 Twitter運用に慣れていない人も、この人事担当さんの投稿を参考にして、アカウントの価値をたかめてみるのもいいかもしれません。 #Twitter #SNS集客 #twitter運用術 #マーケティング初心者
2021年12月5日
stand.fm
おすすめの放送
© 2023 stand.fm