00:00
-00:00
第32回『プロセスエコノミー』②
無料アプリでバックグラウンド再生
地域でしごとをつくるのに役立つ本をご紹介するチャンネル「地域でしごとをつくるラボ」。 第32回目の配信は、前回に引き続き尾原和啓さんの『プロセスエコノミー』です。 プロセスエコノミーとは、完成したモノを売るのではなく、それをつくる過程そのものに価値をつけて対価を得るという考え方です。 今の時代はインターネットによって情報があふれかえり、技術も高度化して完成品で差をつけることが難しいといわれます。 そんな時代にあって差がつくのは、完成した商品そのものではなく、それをつくる人の想いやこだわり、プロセスそのものであるというのがプロセスエコノミーです。 たとえば最近、オンラインサロンやクラウドファンディングが人気となっていることもプロセスエコノミーが重要さを増していることの表れだと思います。 今回は本書の中から、地域でのしごとづくりに活かしたい2つのポイントについて取り上げます。 #地域でしごと #地域でしごとをつくるラボ #ビジネス本 #尾原和啓 #プロセスエコノミー ●「地域でしごとをつくる」ことに関する情報を発信しています。 【まなびしごとLAB WEBサイト】 https://www.manabi-shigotolab.com/ 【Twitter】 https://twitter.com/manabi_shigoto 【Facebookページ】 https://www.facebook.com/manabi.shigotoLAB/ 【Instagram】 https://www.instagram.com/manabi_shigotolab/ ●メルマガ「月刊地域でしごとをつくるマガジン」 月に1回、地域でのしごとづくりの活動に関する情報をお届けします。 https://www.manabi-shigotolab.com/mail-magazine/
5月28日
このチャンネルの新着放送
地域でしごとをつくるラボ
本チャンネルは「地域でしごとをつくる」ことに特化したお役立ち本をご紹介しています。 屋号「まなびしごとLAB」では埼玉県比企郡ときがわ町を中心として、「地域でしごとをつくる」ことをナリワイにしています。 2020年3月に埼玉県越谷市役所を退職し、個人事業主として起業し、地域の行政や中小企業経営者、起業家とともに、共にしごとをつくる活動に取り組んでいます。 地域のミニ起業家を育成する比企起業大学講師や2021年3月に設立した地域商社・一般社団法人ときがわ社中としても活動中。 著者に『地域でしごと まちづくり試論』(まつやま書房) 公務員時代を含めると地域づくりに15年以上関わっている経験を活かして、地域でしごとをつくることを探究し続けています。 【まなびしごとLABホームページ】 https://www.manabi-shigotolab.com 【一般社団法人ときがわ社中ホームページ】 https://tokigawashachu.com 【比企起業大学ホームページ】 https://hiki-kigyo-college.com
無料アプリでこのチャンネルをフォロー
おすすめの放送
© 2022 stand.fm