00:00
-00:00

210 好きな物語を語る 4

6
6月18日
コメント(6)
kocchi-(コッチー)
西味黒〜は、とにかく毎度楽しく読ませてもらってます😂 オリンピックの鹿🦌楽しみにしときますね。笑
6月21日
いいね 1
しちみ黒猫@スタジオ七味
むははははは(笑)
6月21日
いいね 1
kocchi-(コッチー)
リーフウォーカーは、鳥女宇みたいな展開の早さがなかった分、じっくりノムラくんと旅してきた感じがあって、最後行き着いた所の感動が一入でした。 私は特にエスペラントに感銘を受けて、そこから賢治さんに入った....という経緯があったので、言葉と戦争がテーマになっているというのがはっきりわかった時は、胸が震えましたよ、本当に。 それからリーフガジェット達がほんとに最後の最後まで暖かくて、私はそこで涙....。 彼らの意図が最後の瞬間までわからず、不審を募らせていたから特にそうなったのかもしれまさん。 余韻を残す....という点では、鳥女宇よりリーフウォーカーの方がありました! この物語、しちみさんがあんまり好きではない(😂)米津さんの『迷える羊』という曲の歌詞が私の中ではとても合っていて、実は私の勝手なテーマソングだったりします。 しちみさんが作った『1000年』という曲の存在を知らなかったんですよ〜。
6月21日
いいね 1
しちみ黒猫@スタジオ七味
リーフウォーカーは、行き当たりばったりなことはなくて、最初からほぼ出来事や設定を固めてから書き始めました。ラストが見えてる状態で書き続けていたので、ネタバレしたい欲求と戦いながら尺の調整に神経つかいました(笑)。疲れる書き方をした反動が、次の作品に……。
6月21日
いいね 1
kocchi-(コッチー)
鳥女宇の面白さ、私はあのジャンルの小説をそれまでほとんど読んだ事がなかったので、初めて出会う設定のものばかりで、とても新鮮だった記憶があります。 ロディの自由でアウトローな感じが大好きで、あそこまではいかないにしても、それに似た物を求めている自分がいる事をロディを通じて感じていました😄 他のキャラ含め、とても魅力的な登場人物達と彼らの小気味良いやり取り、ユーモアのセンスはツボ。 ベタベタしない、遠慮のない関係性で成り立ってる友情や絆とかも好き。 それからルッキズムをテーマに入れてるって聴いた時の驚きは忘れられないですね🫢 種による死生観の違いとか、重くなりがちなテーマを面白おかしく考えさせてくれる点も逆に好きでした。
6月21日
いいね 1
しちみ黒猫@スタジオ七味
自分が一番好きで一番書きやすいジャンルに、ある意味「妥協」し、ある意味「こだわった」おかげで、楽に自由に書けました(^^)。楽しんでもらえたようで、本当に光栄です。 書き始める前も、書いてる最中も、書き終わって公開前の読み直ししてる時も、アイデアどんどん詰め込んでました。まあまあ深いテーマも盛り込めたし。 これ以上のが次回作で書けそうにないけどどうしよう、と思いながら書いたのがリーフウォーカー(笑)
6月21日
いいね 1
コメントは
無料アプリ
から投稿できます
おすすめの放送
stand.fmの無料アプリでもっと便利に
Google Play Store
App Store
about stand.fm
放送が更新されたらプッシュでお知らせされるので最新の放送を聞き逃さない。
about stand.fm
バックグラウンド再生で他のアプリを使用しながら、放送やライブが聴ける。
about stand.fm
放送やライブ、コミュニティでコメントが送れて配信者とコミュニケーションができる。
about stand.fm
アプリだけでかんたんに音声を収録して投稿できて音声の編集もできる。
jasrac
JASRAC許諾番号
9024598002Y31016
9024598004Y31016
nextone
NexTone許諾番号
000006134
© 2024 stand.fm, Inc.