00:00
-00:00
第37回『ソーシャルX 企業と自治体でつくる「楽しい仕事」』
無料アプリでバックグラウンド再生
地域でしごとをつくるのに役立つ本をご紹介するチャンネル「地域でしごとをつくるラボ」。 第37回目の配信は、伊藤大貴さん、伊佐治幸泰さん、梛野憲克さんの3人の著者による『ソーシャルX 企業と自治体でつくる「楽しい仕事」』です。 この本では、主に従来は行政の領域であった社会課題の領域におけるビジネスチャンスについて焦点が当てられています。 VUCAと呼ばれる複雑・不確実な時代には、社会課題が複雑・多様化し、行政だけが解決を担うのは限界があります。 そのような社会課題を、どのようにビジネスチャンスに変えることができるのか。 本書では規模の小さな自治体にこそチャンスがあると述べられています。 小さな地域における社会課題や地域の課題に潜むビジネスチャンスについて、本書から2つの重要なキーワードを取り上げて考えます。 #地域でしごと #地域でしごとをつくるラボ #ビジネス本 #伊藤大貴 #伊佐沼幸泰 #梛野憲克 #ソーシャルx #官民連携 #官民共創 ●「地域でしごとをつくる」ことに関する情報を発信しています。 【まなびしごとLAB WEBサイト】 https://www.manabi-shigotolab.com/ 【Twitter】 https://twitter.com/manabi_shigoto 【Facebookページ】 https://www.facebook.com/manabi.shigotoLAB/ 【Instagram】 https://www.instagram.com/manabi_shigotolab/ ●メルマガ「月刊地域でしごとをつくるマガジン」 月に1回、地域でのしごとづくりの活動に関する情報をお届けします。 https://www.manabi-shigotolab.com/mail-magazine/
7月2日
このチャンネルの新着放送
地域でしごとをつくるラボ
本チャンネルは「地域でしごとをつくる」ことに特化したお役立ち本をご紹介しています。 屋号「まなびしごとLAB」では埼玉県比企郡ときがわ町を中心として、「地域でしごとをつくる」ことをナリワイにしています。 2020年3月に埼玉県越谷市役所を退職し、個人事業主として起業し、地域の行政や中小企業経営者、起業家とともに、共にしごとをつくる活動に取り組んでいます。 地域のミニ起業家を育成する比企起業大学講師や2021年3月に設立した地域商社・一般社団法人ときがわ社中としても活動中。 著者に『地域でしごと まちづくり試論』(まつやま書房) 公務員時代を含めると地域づくりに15年以上関わっている経験を活かして、地域でしごとをつくることを探究し続けています。 【まなびしごとLABホームページ】 https://www.manabi-shigotolab.com 【一般社団法人ときがわ社中ホームページ】 https://tokigawashachu.com 【比企起業大学ホームページ】 https://hiki-kigyo-college.com
無料アプリでこのチャンネルをフォロー
おすすめの放送
© 2022 stand.fm