00:00
-00:00

#1594【LIVE】物事の最大公約数を探す考え方

236
8
2024年5月29日水曜日夜
5月29日
コメント(8)
ゆう
レター主様。 娘さんの病気ご心配でしょうね。 わたしの息子も大学生の頃に目の難病が見つかりました。命に関わる病ではないけれど病気がわかった頃は、何故?どうして? 子育て中に何か前兆や、原因があったのか。など考えて後悔してばかりいました。 息子が病気の事をきちんと理解して、とても冷静に受け止めていた姿に、親として動揺している自分を反省し、一番不安なのは息子である事にフォーカスできるようになり、これからできることに目を向けられました。今現在も定期的な検査、処置など必要ですが、不具合が出てくると一緒に受け止め、今できる最善の方法を相談しながら生きていけそうです。逞しく育ってくれた息子を尊敬しています。これから娘さんと治療など決めていくこともあるでしょう、その度に揺らいだり、悩んだり、不安になることもあると思いますが、娘さんは決して1人じゃないことを知らせてあげてくださいね。もちろん、レター主様も高尾美穂先生や、ここにいる皆さんも同じ気持ちで、少しでも支えになれるといいのに、と思っているのだと思います。わたしもあなたのことを支えにさせていただきながら、これからも難病と付き合っていこうと思います。
5月30日
いいね 20
ペコリス🐿
レターのお母様、とっても心配だろうと思いました。先生のお言葉からとても勇気をもらえたのではないでしょうか。私も少しすぐパニックになるところがあるので本当に不安なお気持ちだろうとお察し致します。そんな時先生のような信頼できる方からの前向きなお話を頂けることは本当に力になります。お嬢様の事、上手くいきますように心からお祈りしています。🙇‍♀️🌹
5月30日
いいね 17
ペコリス🐿
頭の整理の仕方を分かりやすく教えて頂き有り難う御座います。こんな所にも数学的な考えを応用できるのだなと新鮮な感じもしました。🙇‍♀️
5月30日
いいね 9
ペコリス🐿
キー🔑ちゃま!沢山のcute voice を有り難う〜😍👏🎉
5月30日
いいね 7
うり
1年前の誕生日に「1年後の誕生日まで毎月28日にレポートする」と決めた者です。今よりほんの少しでも自分を好きになりたい…という思いで決意しスタート。 その時に高尾先生がくださった「まぁ良いんじゃない?私。と思える一年になりますよ」の言葉を励みに、毎月自分を振り返る&来月はこういうしていこうと一年を過ごしました。 自分を見つめる機会にもなり頑張ってやり遂げて良かった…そして何より高尾先生やリアボリスナー皆さんの存在にいつも励まされました。ありがとうございます! 私の経験がもしもどなたかのヒントになれば…と、こちらにコメントさせていただきました。 高尾先生、皆様、これからもどうぞよろしくお願いします。
5月30日
いいね 30
ふふふ
子供の病気には… 親は平常心では居られなくなりますよね🥲 ムスメがコロナ禍に42度の高熱を出した時。 どこの病院からも受診拒否をされ 最後の最後は#7119に相談して 救急車から病院を探してもらって下さい…と言われ 救急車🚑に乗っても 救急隊の方に何件が回ることになる事を覚悟して下さい。と。 あの尋常じゃない緊張と恐怖を思い出しました。 母の緊張は直ぐに子供に伝わり 子供をさらに悩ませるから ますます後手に回りますよね🥲 でも。 完璧な母なんて… そう居ないから… 今は心配で慌てていても キチンと正確な情報が入れば 子供さんの1番の助っ人になれるから…☘️ 母は自分が思っているより 強いって。 思えるようになると思いますよ…☘️☘️ やるしかなくなるからなのかな?とにかく… 子供さんの身体が良くなりますように☘️☘️ 祈っております⭐️
5月30日
いいね 24
こまち
今夜は反省させて下さい🙇‍♀️ 最近なかなかLiveに参加できず残念に思っていたこともあり、今夜も通知を頂いた際は音が出せず参加できない状況だったにも関わらず、皆さんとトークしたいという気持ちが先走り、ミュートのままトークだけで参加してしまいました。 そしてアーカイブで改めて拝聴致しましたら、とても身につまされるお話で、呑気に無神経なトークを展開していた自分が恥ずかしくなりました。 不快な思いをされた方がいらっしゃいましたら、申し訳ありませんでした。 私もレター主さんのような不安な気持ち、動揺を味わったことがあるだけに、その時の気持ちを思い出す一方で、それを乗り越え平和にいられる今の有り難みを改めて感じられる夜にもなりました。 なので今、もしかしたらレター主さんはトンネルのような暗闇にいるかもしれないですが、きっとそのトンネルから抜けられると信じたいですし、高尾先生のお言葉で光が見え始めていたらいいなと願っております。
5月29日
いいね 25
chacha
こんばんは。 最大公約数の話しとは少しズレるかもしれませんが、、、 私も中学3年生の時に乳汁が出てしまい、高プロラクチン血症と診断され婦人科に通院していました。MRIやCT、血液検査や、内診、排卵がないため排卵促進剤の投薬など、高校へ行きながら様々な検査をし、治療を受けていました。 投薬の副作用による体調不良で学校を休んだり、セーラー服を着て産婦人科の待合室に座っていたりと、、、 青春真っ只中の通院や治療は確かに負担だったと記憶していますが、40を過ぎた今は、皆んな平等に大変な事が巡ってきて、私は人より少しだけ早かったのだと考えています。治療や通院、薬の副作用も、今となれば、いい経験だったと思います。 「下垂体腫瘍」なんて聞くと本当にびっくりしますよね。でも、先生もおっしゃっていたように、この病気は最悪な事は起きませんから、私も今は普通に生活ができていて、とっても元気です。 大丈夫、落ち着いてくださいね。そして、良くなりますように🙏
5月29日
いいね 49
コメントは
無料アプリ
から投稿できます
おすすめの放送
stand.fmの無料アプリでもっと便利に
Google Play Store
App Store
about stand.fm
放送が更新されたらプッシュでお知らせされるので最新の放送を聞き逃さない。
about stand.fm
バックグラウンド再生で他のアプリを使用しながら、放送やライブが聴ける。
about stand.fm
放送やライブ、コミュニティでコメントが送れて配信者とコミュニケーションができる。
about stand.fm
アプリだけでかんたんに音声を収録して投稿できて音声の編集もできる。
jasrac
JASRAC許諾番号
9024598002Y31016
9024598004Y31016
nextone
NexTone許諾番号
000006134
© 2024 stand.fm, Inc.