00:00
-00:00
やまなし子育てサポートマガジン『ちびっこぷれす』のご紹介
無料アプリでバックグラウンド再生
こちらのフリーペーパーの中にある、コラム。 『森のようちえんピッコロの冒険 こたえは森のなか』 これを読むだけで 子どもの見方がガラリと変わるかも!? というわけで、 ご紹介させていただきました。 子育てや保育、教育って いまや無限ほどの知識や知恵があります。 色んな考え方があったほうがいいし、 どれがあってるかは人それぞれ。 そんな中で、何を活かすか。 何を信じるか。 やっぱりそれは、 自分自身の内側にある気がして。 やり方や方法論ではなく、 「わたしは、どうか?」 「目の前のこの人は、ほんとはどうなのか?」 この辺を考えていく。感じていく。 そんなことが大事なのかなぁ。 と、気づかせてくれるような内容 だと僕は感じています。 気になる方、読んでみてね! 明日からの子どもとの過ごし方がかわるかもよー。 ▼『ちびっこぷれす』 https://chibikkopress.mystrikingly.com/ ※スマホの方は「HTML5版でブックを開く」をタップで、各回を読めます。 ▼コラム『中島は中島を生きていない』 https://no1-create.jp/books/actibookchibikko202112/HTML5/sd.html#/page/4 ※音声で「2歳」とお話しましたが、「3歳児」でした!ごめんなさーい! #さんさんぽ #森のようちえん #保育 #幼児教育 #横浜 #センター北 #園児募集 #森のようちえんピッコロ #山梨 #ちびっこぷれす #こたえは森のなか #フリーペーパー #気づき #学び #子ども理解 #振り返り #子ども #考える #心 #頭 #感じる
5月25日
このチャンネルの新着放送
さんさんぽちゃんねる
『さんさんぽ』代表のひがしが、子どもたちのことや自分のこと、保育のことなどを話してみるチャンネルです。 __ ひがし なおや 保育士 神奈川県横浜市・川崎市近辺の自然に近い環境のもと、森のようちえん形式で活動する『さんさんぽ』代表。公的な援助や補助金のない自主運営コミュニティとして2020年9月からスタート。現在は、保護者と連携しながら子どもたちを信じて見守る「共同保育」の形を導入し、保護者にも積極的に保育に参加してもらう保育を実践中。 子どもたち本来の可能性を引き出す保育を求め、多様な園に勤務。しかし、ルールや時間、大人の概念に囚われがちな現代の保育現場では難しいことが多く葛藤が続く。探求を続ける中で山梨にある『森のようちえんピッコロ』と出会い、大人が先導せず子どもに任せる保育に感銘を受ける。 様々な大人の世界の概念、子どもと自分自身とも向き合った結果、指示命令されないとできない、大人の目や評価を気にして行動するといった子どもたちが約一年で変わりはじめた。子どもたちが自ら考え行動する、仲間のために動く、気持ちや心を大切にする・・・という変化が起こり、この保育に大きな手応えを得る。 『森のようちえんピッコロ』の保育視察で出逢った全国各地の保育仲間と保育を学び深め広める活動「とりあえず♪ピッコロ保育」を立ち上げ、また、映画製作の発起人となり、2021年11月には映画『lifeライフ〜ピッコロと森のかみさま』上映会を開催し、約290名を動員。 自分自身と繋がり、そして周りの人たちや生き物・自然・地球などすべてとの繋がりを大切に生きていける子どもたちが増えることを目指し理想の保育を探求中。子どもたちとのかけがえのない毎日が楽しくてならない。 モットーは「小さなことも流さず、たっぷりの時間と手間をかけて、丁寧に」 ◆公式サイト: https://www.sansanpo.org
無料アプリでこのチャンネルをフォロー
おすすめの放送
© 2022 stand.fm