00:00
-00:00

アイヌについての詩 「もう一つのウエペケレ」

27
23
もうひとつのウエペケレ(アイヌに伝わる民話のこと)         須藤三智穂   ずっと土との戦いだった 豊かだったアイヌモシリ(アイヌの大地)に シサム(隣人=日本人)が土足でなだれこんだ日から 苦しみぬいた 四百年 略奪 強姦 詐欺 強制労働 それでも シャクシャインの戦いに敗れた時 ―孫子一同、決してお上に逆らわないー シャモ(隣人=日本人→少し侮蔑した言い方)に向かって約束したから カムイ(神)に向かって誓ったから 耐えてきた ―北海道旧土人保護法― 同化なんて できない ニッポン人になんて なれない 縄文の昔から馴染んできた 土地も 森も 海も奪われ 狩猟民族のわたしたちに 農業だけをやれという シペ(主食)のユク(鹿)をとれば密猟 アキアジ(鮭)をとれば密漁 アイヌ語さえ禁じられて コタン(村)はあっという間に崩壊し アイヌ(人間)がアイヌと呼ばれることさえ 忌み嫌うようになった悲しみ ―わたしたちは北海道を  日本国へ売った覚えも貸した覚えもないー ただ 先祖代々の土の上で 自分たちの暮らしを守りたかっただけだ   ずっと水との戦いだった 沙流川はいのちの奔流 シペ(主食)のアキアジ(鮭)が遡るペッ(川) 要るだけの魚を捕って わたしたちは生きてきたのに 上流の山々が丸裸になってから 氾濫をくりかえすようになってしまった そのうえ製紙工場の原料丸太を いかだに乗せて流すという 川があふれるたびに やっとつくりあげた田や畑へ 丸太が音をたてて乗り上げる 借金して 借金して 壊れた田んぼをなおしつづけたから ダムの話を持ちかけられたとき わずかなお金に心が崩れた ダム王国 ニッポン 先祖の土地も苦労した田畑も いま 二風谷ダムの底に沈んで 見えない せめて 昔のように 自由にアキアジ(鮭)を捕ることができたなら シシムリカ(沙流川のアイヌ語)に もうアキアジはのぼらない わたしたちは カムイ(神)のくれたモシリ(大地)の自然を 大切に使いたかっただけだ   ずっと見えないものと戦ってきた 血が混じることへの恐れ 単一民族国家のひびきに シサム(日本人)は胸をなでおろす ―孫が交通事故に遭ったとき みなさんに献血していただいて本当に助かりました ただ一つ困ったことには 孫の体の中にアイヌの血が入ってしまったのですー ひとがひとを隔てること さらに弱い者を足蹴にして 癒されようとするこころが 侵されたわたしたちにまで 芽吹くことのありませんように ネプアエルスイカ  ネプアコンルスイカ ソモキノオカアン わたしたちは これからも ニッポンの片隅で 静かに祈り続けるだろう アイヌネノアンアイヌ(人間らしい人間)の夢を ⭐️音楽 甘茶の音楽工房「水に沈むピアノ」 #アイヌ #萱野茂 #1973年アイヌの二風谷ダム。平取ダム #アイヌ民族資料館 ⭐️二風谷ダムは今も使われていました。
5月11日
コメント(23)
元慰安婦ハルモニ優🎵木魚部
🥲🥰この歴史が残され、伝承されていることだけが励みと安心です。それに触れた人が理解し、心動かされることを祈ります。良かった。
6月12日
いいね 1
須藤三智穂
ハルモニさん、忘れないことが大切ですよね。 ありがとうございます😊
6月12日
いいね 1
ポポー
三智穂さん、こんにちは🦜 コメントが遅くなってしまいました。 アイヌの方の言葉には言い表せないほどの苦労はずっと気になっていました。 日本人が特に明治になってから北海道に入植した時に、北海道の厳しい冬の過ごし方などを教えてくれたのは、アイヌの方達でした。 それなのに更に北へ北へと追い詰め、アイヌ文化を否定し、同化させるというひどい仕打ち。 遡ればもっと前からですが。 私は日本人であるということが恥ずかしいです。 もう今は純粋なアイヌの血をひく人はほとんどいないみたいです。 縄文人が弥生人によって滅ぼされたように。 そのわずかな生き残りの人々が琉球の方とアイヌの方といわれています。どちらも武器を持たぬ民族でした。
5月29日
いいね 3
須藤三智穂
ポポーさん、お聞きくださり、コメントもありがとうございます。 本当にアイヌの人たちへの迫害の歴史を知った時、私も恥ずかしく、ごめんなさい、ごめんなさいと言い続けたい気分でした。 だから北海道旧土人保護法が撤廃された時、とても嬉しかったのですが、多分差別はまだあったのだろうと思いました。今はもう純粋なアイヌの血筋の方はいないのですね。 もしかしたら、それでいいのかもしれませんね。 差別の気持ちは、このことだけではなく、私たち人間の中でよほど厳しく自覚しないと、ムクムク出てきてしまうのかもしれません。 その意味でも、アイヌの方たちにたくさん教えてもらったと思います。
5月29日
いいね 3
駿河大夫【するがだいふ】
須藤さん この詩、大袈裟ではなく、 魂を揺さぶられましたよ。                         上手く自分の心情を表現出来ませんし、 私の感想を文字にすると、どうしても ありきたりな表現になってしまって、 そんな簡単な表現にはしたくないので、 とても短い感想コメントになりました。                        この詩、ずっと読み続けていってくださいね。
5月22日
いいね 4
須藤三智穂
駿河大夫さん、お聞きくださり、また真摯なコメントもありがとうございます。 あの時は、書かずにはいられませんでした。 本当にアイヌの人たちにごめんなさいを何度も言いたかったです。 このことを忘れないようにしたいと思います。 それから全く違うお話ですが、今日犬山城を見てきました。中に鎧かぶとの展示もあったのですが、こんな大変なものを身につけて、戦で戦ったのだなぁと驚き、同時に駿河大夫さんの配信も思い出しました。 お城も鎧かぶとも、前より身近に感じました😊
5月29日
いいね 1
Hearty sound(ハーティー)
須藤美智穂さん🍀こんにちは😊 引き寄せられてここへ伺いました。 アイヌの歴史。 インディアンのそれと似て、後から来た者たちがその地を奪い、アイヌへの尊厳も守ることなく...🥹🥲   以前、萱野さんが作られたアイヌ資料館・ユーカラの里(クマ牧場の中にあります)を訪ねた時、幼稚園児だった娘が踊りの輪に飛び入りで入りまして、喜ばれた長老役のお年寄りから、小さな小さな木彫りのクマのマスコットをいただいたことがあります。   北海道の地名に、アイヌの言葉が残っていることぐらいしか知りませんでしたが、こちらのご配信を拝聴して、胸が熱くなりました。 ありがとうございました🙇‍♀️
5月19日
いいね 2
須藤三智穂
ハーティさん、お読みくださり、コメントもありがとうございます。 ハーティさんも、アイヌ資料館に行かれたのですね。娘さん、素直に踊りたくなったのでしょうね。 きっとこの悲しい歴史はいつか忘れられてしまうのかもしれません。差別した側は特に。だから覚えておきたいと思います。 共感いただいたこと、とても嬉しいです😃
5月19日
いいね 2
須藤三智穂
ハーティさんも透明感のあるとても綺麗な声ですね!
5月19日
いいね 2
Hearty sound(ハーティー)
お聞きくださり、またお褒めのお言葉まで、ありがとうございます🙇‍♀️🙏
5月19日
いいね 2
まやま まみ
書いてくださって、朗してくださって、ありがとうございます。本当に。その思いも、アイヌの人たちの思いも、とてもよくわかるから🥲🙏
5月13日
いいね 1
須藤三智穂
まやまさん、お聞きくださり、ありがとうございます。本当にヤマト民族はひどいことをしてきました。 アイヌの人たちはとても優しくて、決して怒らないので、それをいいことに好き放題でした。 また、教育を受けられない方が多かったので、数を誤魔化して搾取したり…でも素晴らしい文化を継承できたら、きっと許してもらえるかなーと思います😊
5月14日
いいね 2
ひよりみ
大変勉強になりました。三智穂さんの真摯な姿勢がよく伝わってきまさした。先住民族が土地を奪われ虐げられるという理不尽。なんともたまりませんね。こういうことは世界のあちこちであったことなんでしょうね。アメリカンネイティブ、オーストラリアのアボリジニも似たような経験をしてきた人たちですね。入植民族ははじめの恩を忘れ……。 三智穂さんの詩、心に訴えかけるものがありました。 北海道の詩人今野大力の詩を思いました。
5月12日
いいね 2
須藤三智穂
ひよりみさん、お聞きくださり、コメントもありがとうございます。 本当にこういうことは、世界のあちこちで起きていることなのですね。そういう時、略奪する方の人たちは、人の心を忘れてしまうのかもしれません。 そのマイナスな気持ちに陥らないように、気をつけなくてはと思います。 今野大力さんの詩、直接読んだことがないので、読んでみたいと思いました😊
5月12日
いいね 2
kocchi-(コッチー)
三智穂さん、しばらく涙がとまりませんでしたよ....🥲 私もずっと、ここ数ヶ月、アイヌの方々の事を思わずにはいられなくって... ずっとここ10年位の間抱えているものがやっぱりアイヌの方々にも通じて、彼らの事を考える度に胸が締め付けられる思いがするのです。 三智穂さんの詩から、どの様な形で彼らが迫害されてきたのかが本当によくわかりました。 どうもありがとうございました✨
5月12日
いいね 2
須藤三智穂
コッチーさん、お聞きくださりありがとうございます。 そして共感くださってとても嬉しいです。 差別って怖いですよね。何やってもいい、みたいになってしまうから。 自分たちの中にも、同じような気持ちを持たないようにしたいなぁと思います。 私は亡き父とも関わりがあったことが、とても嬉しかったです。 忘れてはいけないことなんでしょうね☝️
5月12日
いいね 2
須藤三智穂
郎女さん、お聞きくださりありがとうございます。 こんなに昔に書いた詩をなぜ朗読したくなったのか?でも忘れたくない歴史でもあるし、それに自分が今までの詩の朗読(とも呼べないな、と思うのですが)から変わりたいと思い始めているからだと思います。 先日の郎女さんとのコラボはだからその流れの第一歩だったと。たくさん、学べました。 いろいろ探したいと思います。この詩の中身を受け取ってくださり、ありがとうございます😊
5月11日
いいね 1
郎女(いらつめ+)/詩人・朗読者
アイヌたちの憤りと哀しみに胸が震え、三智穂さんの畳み掛ける言葉にも圧倒されました。 アイヌやイシのような土地と共に生きる人々が、土地を自分のためだけに切り刻む人々に従わさせられる。そして日本は単一民族国家だという政治家は今もまだ存在していますよね。 今までぼんやりとしか知らなかったことを、ちゃんとした事実として知ることができました。ありがとうございました。
5月11日
いいね 3
ゴールディー
すごい詩ですね。 本当に、三智穂さんの前世はアイヌかもしれませんね。 今、北米最後の野生インディアン「イシ」の物語を読んでいます。 その物語はアイヌの方々とあまりに似ています。 彼らの方が残るべきだったのに、と思ってしまいますね。
5月11日
いいね 3
須藤三智穂
ゴールディーさん、お聞きくださりありがとうございます。あの頃憑かれたように書きました。二風谷ダムについては、反対運動をしている方に連絡を取ったりしていました。 イシ…アメリカインディアンなんですね。深い知恵を持っている方なのでしょうね。 アイヌ民族も、本当に優しい人たちです。 教えてもらうことばかりなのに、迫害するなんて。 たくさんの間違いを許してもらって、今があるように感じます。
5月11日
いいね 3
★たくらんけ★👷*エゴちゃん部*副部長🌴🐨
ハートをプレゼントしました
5月11日
いいね 1
須藤三智穂
たくらんけさん、いつもありがとうございます✨
5月11日
いいね 2
★たくらんけ★👷*エゴちゃん部*副部長🌴🐨
5月11日
いいね 1
コメントは
無料アプリ
から投稿できます
おすすめの放送
stand.fmの無料アプリでもっと便利に
Google Play Store
App Store
about stand.fm
放送が更新されたらプッシュでお知らせされるので最新の放送を聞き逃さない。
about stand.fm
バックグラウンド再生で他のアプリを使用しながら、放送やライブが聴ける。
about stand.fm
放送やライブ、コミュニティでコメントが送れて配信者とコミュニケーションができる。
about stand.fm
アプリだけでかんたんに音声を収録して投稿できて音声の編集もできる。
jasrac
JASRAC許諾番号
9024598002Y31016
9024598004Y31016
nextone
NexTone許諾番号
000006134
© 2024 stand.fm, Inc.