00:00
-00:00
#73 休日にコーヒー片手にワーケーションと知のデジタル化(DX)について考える
無料アプリでバックグラウンド再生
今日は春分の日でお休みです。 ゆったりとくつろぎながら、ワーケーションなどについて考えてみました。 日本テレワーク協会によれば、ワーケ―ションは「ワーク+バケーションの造語」ですが、「余暇を楽しみつつ仕事をすること」といった考え方のようです。 働き方改革などと言われますが、いったんフリーランスになれば、その限界も見えてきます。 noteの笹本康貴(ささもとこうき)さんの記事では、「月収100万円を達成した私が思う、フリーランスの限界」でこの辺が赤裸々に述べられています。 https://hon.life/3trMrP1 彼は、「私はフリーランスとしての働き方をいずれ捨てて『経営者・事業家』としての道を歩む」ことに決めたと言っています。 フリーランスは、自分の時間とスキルを対価や評判と交換する仕事です。 これに対して、知的資産として提供することが代替案として考えられます。 古典となった「知的生産の技術」で梅棹忠夫は知識をどう集めて管理するか、価値のある発見に結びつけるかを語っています。 最近では、佐々木俊尚氏の40,000部のベストセラー「 読む力 最新スキル大全」がデジタル時代の知識管理の革新をついています。 今、知のデジタル化(DX化)によって、第2の脳を育て第1の脳を解放することで、よりクリエイティブになるプロセスが求められています。 いかに、自分の経験や知識、スキルを人に教えるノウハウにまで高めていくか。 その核心に迫ります。 こちらの記事が参考になります。 「知的生産の技術」とセカンドブレイン: 日米比較から考えるデジタル化する知的生産の進化論 https://hon.life/2CKMyNE #ワーケーション #情報整理 #フリーランス #デジタル化 #DX #セカンドブレイン #第2の脳 #健康 【配信登録】 役に立つ最新情報をどんどんと配信します。ぜひ、フォローして他にはない情報を手に入れてください。 第2の脳: ナレッジブレイン・ニューズレター https://honnotana.com/kb-sanka/ 【note】この音声配信は、月間ユーザー数2000万万を超えるブログプラットフォームの【note】でも配信しています。こちらも是非フォローしてください。 https://note.com/ohyamakentaro/n/naa5b51e6f248 【大山賢太郎の活動】 本の棚 https://honnotana.com Twitter: https://twitter.com/Kent_Ohyama 著作【デジタル読書のすすめ: クリエーターのための「知識からアウトプットまでの一貫したプロセス」が手に入る!】 https://amzn.to/3EMmwVP
3月21日
このチャンネルの新着放送
やまけんの【人生後半戦のハーフタイム】
パーソナリティ: 【とにかく明るいしくじり先生】 「とにかく明るいしくじり先生」が、脛(すね)に傷を負いながらも人生の後半戦にチャレンジします。このハーフタイムでは、音声配信などを活用して、先端を走る先駆者たちを切込隊長として突撃インタビューしながら、その成功と失敗の裏側から見えてきた気づきや秘話を持ち帰りリスナーに公開します。 この後の展開 シリーズ♯1: なぜ今音声配信なのか?その裏側の秘密を解き明かす! パーソナリティ: やまけん(大山賢太郎) 世界トップクラスの外資系会計コンサル、投資銀行、投資顧問会社で華々しいキャリアをスタートさせながらも、幼い頃からの夢で念願の独立起業する。数々の暗中模索から一時的な成功するが8年後に精算に追い込まれる。 その後、読書サイトを運営しながらKindle出版でストア全体の20位まで駆け上るが、その後低迷する。そんな中、コロナ禍でグローバルなナレッジ集団との出会いに強烈な衝撃を受ける。 そこから迷いながらも、コミュニティで出会った友人たちの励ましでもう一度チャレンジするために立ち上がる。 コロナ禍以降、激変した仕事環境とツールを組み合わせた「個人事業ハック」を作り出し、収益化に苦しむフリーランスや副業で思い悩む個人事業主の夢や社会貢献を実現する土台となることが最終目標。 ワンピースのルフィのように・・・ 【俺は個人事業ハッカーになる!】 音声配信へコメントやご要望をお待ちしています。あなたの暖かい一言がやまけんをさらに先へ進ませます。 やまけんの日常と最新情報 Twitter: https://twitter.com/Kent_Ohyama 本の棚: https://honnotana.com/ Facebook:https://www.facebook.com/1KentaroOhyama/
無料アプリでこのチャンネルをフォロー
stand.fm
おすすめの放送
© 2022 stand.fm